フロアガイド Floorguideイベント情報 Eventお土産 Souvenirカフェ&レストラン Cafe & Restaurantサービス施設 Service駐車場・駐輪場 ParkingSNSガイドマップ Guidemap駅ビル道順案内 Routeguide
「緑歩水廊」京都駅ビルの人工的湿地 「京都駅ビル 緑水歩廊」は、駅ビルの中でもお客様の回遊が比較的少ない東側と南側の空間を有効活用して、自然との触れ合いの場を提供する緑化施設です。階段を活用して水生植物等を栽培する「段々プランター」と強い日射を遮り、植生に適した環境を創出する「屋台プランター」により構成され、京都に縁のある草木を中心に日本の原風景の再現を意識した植栽を行っています。 緑化に必要な水の確保については、従来は利用していなかった雨水や地下湧水の利用を基本とし、水の供給や揚水には、自然の力を活用しています。具体的には、駅ビル7階の「東広場」のレベルで雨水を貯留し、重力を利用して3階の「南遊歩道」までの空間に水を供給しています。また、渇水期にも水を確保するため、太陽光発電で得られた電力でポンプアップした地下湧水も利用しています。

緑歩水廊 概要
京都の原風景を表現した植栽
京都の原風景である、「里山」→「 棚田・湿地」 →「池沼」 といった自然環境を、上層階から下層階にかけて再現 しています。池のゾーンではかつて京都の巨椋池に 生育していた種を中心に構成しています。

自然力を利用した水の循環のしくみ 自然力を利用した水の循環のしくみ
屋上に降った雨水と、地下湧水を貯水タンクに貯めて、重力によって徐々に下の階に水を循環させるしくみです。地下湧水の汲みあげにはソーラー発電により得られた電気を活用しています。 ソーラー発電装置 段々プランター 階段に設置しやすい形状をしたプランターで、ビル空間の中で効率的な配置が可能です。深さに変化があり、多様な植栽の生育環境をつくり出すことができます。

段々プランター 段々プランター 段々プランター

屋台プランター 屋台プランター
屋根やベンチがついた屋台型のプランターで、緑の憩い空間を作ります。上屋の部分は着脱が可能で、イベント時には移動や収納性にすぐれたシェルターとしても使用できます。